Drupal10の最新情報(2022年5月)


こんにちは!アクレットの東です。

今日は、Drupal10についての最新情報についてご紹介しようと思います。

Drupal9とDrupal10の違いは?

現在下記の機能がDrupal9で開発中となっており、Drupal 10で搭載される予定です。

  • Claro管理テーマ(Sevenの後継)
  • Oliveroデフォルトテーマ(Bartikの後継)
  • レイアウトビルダーとメディア機能のさらなる改善。
  • 特にメニューとURLの処理に関して、開発者とサイトビルダーのエクスペリエンスをより適切に分離しました。
  • より優れたオーサリング経験とより現代的な編集を備えたCKEditor5の導入(CKEditor4の後継)
  • jQueryのいくつかの使用法を置き換える最新のJavaScriptコンポーネント
  • オーダーメイドのテーマ作成のためのテーマスターターキットツール。
  • 内部のSymfony6(Symfony 4の代わり)とPHP 8.1は、システムを安全に保つために必要です。

個人的には、CKEdtitor4のバグに悩まされてきた経験があるため、CKEditor5の搭載が最も待ち遠しいです!

Drupal10へのバージョンアップに向けた準備は?

Drupal9

Upgrade Statusを使うことで、現在のDrupal9サイトでアップグレード作業に必要な作業の見積もりを行うことができます。

※非推奨のAPIについては、Drupal9.4.0まで追加されます。 

また、drupal-rectorに参加し、Drupal10の開発にについて支援することができます。

 

Drupal8

Drupal 8は2021年11月に既にサポートが終了しています。

Drupal10に更新するために、まずDrupal9にアップグレードを行う必要があります。
Upgrade Statusモジュールを使用し、サイトを分析し、モジュール及びサイトのソースコードを更新します。
ほとんどのコード更新は、drupal-rectorを使用して自動的に実行することができ、カスタムコードに関しても更新することができます。

Drupal7

Drupal10にはDrupal7からの移行ツールが含まれますが、Drupal10のリリース直後にはまだ準備ができていない可能性があるようです。
まずはDrupal9へのアップグレードを行うことで、Drupal10への移行が簡単になります。

 

Drupal10のリリース時期は?

Drupal10のリリースは2022年12月14日の予定です。

また、現在のDrupal10の最新バージョンは10.0.0-alpha4です。(2022年5月末時点)

※2022年8月17日リリースが目標でしたが、CKEditor5のインテグレーションが間に合わないことによってリリースが後ろ倒しになりました。

旧DrupalCoreのEOLは?

いままでの各Drupal CoreバージョンのEOL (End-of-Life)は下記の通りとなります。

  • Drupal7:2023年11月1日
  • Drupal8:2021年11月1日 ※既に終了
  • Drupal9:2023年11月1日

Drupal7はWeb全体で広く使用されており、多くの教育機関や企業、非営利団体等で現在も使用されています。
そのためサポート期間が2023年11月まで延長となっています。
また、Drupal8以降と仕組みが大きく違うため、バージョンアップを行うためには実質作り直しが必要となります。

最後に

今後Drupal10に関する情報がリリースされたら、また記事にしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Profile picture for user Yohei Higashi
Yohei Higashi フルスタックエンジニア

石川県金沢市出身。 Drupalは日本語の情報がまだまだ少ないので、有益な記事を発信できるよう頑張ります!